オフィスのお困りごとを解決します!

オフィス移転・リニューアル
■内装
海外は勿論の事、最近のオフィスでは企業イメージを打ち出す為内装に重点を置く企業が増えてきています。
オフィス移転リニューアルの際、もっとも重点を置かれる場所が受付・接客エリアです。
ワークエリアはあまりコストを掛けられないが、お客様をお通しする場所には企業イメージを出したい。移転を機に、今までなかった受付エリアをもうけたい。セキュリティを強化する上で、あわせて内装を施したい。など、企業のイメージや独自性を出せるのが内装です。お客様のご要望に合わせた内装デザインをご提案いたします。
照明
照明の明るさやデザインを変えるだけで、見る人の印象は一変します。
ダウンライトを使用した、暖かみのある受付は落ち着いた雰囲気に。
スポットに重点を置いた、企業サインはさらにインパクトを与えます。
明るい照明は活気のある雰囲気を。
各部屋を印象づけるアレンジをしてみませんか?
照明イメージ

内装の仕上げで大きな面積を取るのが壁紙です。
ダークな色合いの仕上げでは高級感を。
環境を考慮して、体や自然に優しい壁紙のチョイスなども可能です。
ちょっとした拘りが、企業のイメージに繋がるかもしれません。
壁イメージ

OAフロアが普及し、オフィスのカーペットは施工性の良いタイルカーペットが普及しています。
タイルカーペットも、オーソドックスな物から、高級感のあるものまで様々です。
執務スペースはビル標準のカーペットを使用し、受付/接客エリアは高級感のあるカーペットに貼り替える事で差別化を図れます。
また、リフレッシュスペースにはウッド調の長尺タイルなどをあしらってみてはいかがですか?
社員の方々の生産性向上に結びつくかもしれません。
床イメージ

造作家具
既存の家具では用が足りない、デザイン的に物足りない、というような場合に、オリジナル家具はいかがでしょうか。
エントランス、受付け周りに、コーポレイトカラーを使用したオリジナル家具を入れると、驚くほどイメージが変わります。
既存の構造体を使用して、張り地だけを別注カラーで作成することも可能です。
もちろん社名ロゴなどのサインプレート製作も承っています。
是非、お問い合わせください
造作家具イメージ

その他 施工事例のページでも色々な写真を掲載しています