OKAMOTOYA

HOME業務案内心肺蘇生・AEDの使い方

私たちの行動で救える命があります

AEDコーナー
2004年7月、厚生労働省からの通知によって、医療従事者でなくてもAED(自動体外式除細動器)が使用できるようになりました。
前提条件なしに、一般市民がAEDを用いて電気ショックをかけても違法性は問われないという内容が明記されたことで、人の多く集まる公共施設、空港・駅、集客施設やスポーツ施設などへのAED設置が進められています。
心肺蘇生 一連の流れ
 未然の 心停止の予防
 早期の 認識と通報
 早期の 一次救命処置(心肺蘇生とAED)
 早期の 二次救命処置と心拍再開後の集中治療


これらが大切な命を救うことになります。





救命の手順




AEDの使い方
こんな時にAEDを使います。
●意識がない●呼吸がない●約1歳未満の乳児ではない
AED本体と蓋をOPEN
@ふたを開けると、自動電源ON

日本光電製のAEDは、ふたを開けると自動的に電源が入ります。ふたを開けた後は音声ガイドに従って操作します。

小児を救助する場合は、切り替えスイッチで「小児モード」に切り替えます。






日本光電のAED 電極パッドと装着位置



A電極パッドを体に貼ります

本体から電極パッドを取り出して、体に貼ります。

電極パッドを貼ると、自動的に心電図の解析を開始します。あとは、AEDからの音声メッセージに従って下さい。
電気ショックが必要ない心電図の場合は、胸骨圧迫・人工呼吸の指示が出ます。

日本光電AED放電ボタン
B放電ボタンを押します

電気ショックが必要な心電図の場合は、放電のための充電がされます。
音声メッセージに従って放電ボタンを押すと電気ショックが行われます。

AEDは、再度の電気ショックが必要かどうか、心電図を解析し続けます。










株式会社オカモトヤ
高度管理医療機器等 販売・賃貸業 許可書     東京都知事許可番号 4501031000023号